キャッシングとカードローン、どう違う?

キャッシングとカードローン。
この2つの言葉はほとんど同じ意味のようにとらえられがちですが、もともとの意味は多少異なります。

キャッシングは、少額の現金を短期間借りることを指し、身近な例ではクレジットカードに付いている融資機能があります。
買い物の時に多額の現金を持ち歩くリスクを低減させるためにクレジットカードは生み出されましたが、やがて現金を一時的に借りられる機能が付け加えられるようになりました。
借入れできる限度額は50万円程度が上限で、返済は翌月1回払いというのが一般的な考え方です。

一方カードローンは、銀行のローン商品の一つとして生まれ、融資金額は数十万円から数百万円と、キャッシングと比べて高額になります。
銀行にもよりますが、普通口座とカードローン口座の2つを持ち、返済は普通口座からのリボルビング払いが一般的です。
金利はカードローンの方がキャッシングより低率で、理由はキャッシングは審査を簡略化して小口で融資する代わり、貸し倒れのリスクを抱えているため、そのぶんを上乗せされているからです。
従ってカードローンの方が審査は厳しい代わりに、より高額を低い利率で借りることができる、という訳です。