金利の決まり方についてご存知ですか?

カードローン業者から借入れる際、借入利率のチェックは非常に重要ですね。
業者のホームページなどでは、「4.5%~17.8%(実質年率)」のように、ある程度の幅を持たせた書き方になっています。
それでは、一体どのぐらいの金利が適用されるのでしょうか。
まさか業者が人を見て、適当に金利を決めているんじゃないでしょうね?

もちろんそのようなことはありません。
貸金業者の貸出金利は「利息制限法」で定められており、この中で上限金利が規定されています。
融資額が10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%(いずれも年率)と定められています。
金額が多ければ金利は低く、少なければ金利は高くなる、というわけです。

収入証明書の提出免除で借りられる50万円以下の小口融資の場合は、年率18%が上限になりますから、カードローン業者が提示している17.8%といった利率は、実際は上限に近い利率、ということになります。
もちろん融資額や返済期間、返済方法によって金利は変わってきますので、事前にしっかり確認しておくことが必要です。

>>2015年5月の土日融資ランキング>>