急な引越し費用をキャッシングで借り入れ

引越しには何かと費用がかかるものですがお金に余裕がないときに引越しをしなければならなくなったときはどうすれば良いのでしょうか。近い場所の引っ越しであったり荷物が少ないならば軽トラックが準備できれば自分で運搬することできますが荷物の量や移動する距離によってはプロに頼まないと難しいこともあります。引っ越し用が足りない時は家族から借りるという方法もありますが、それも難しい場合はキャッシングの契約をすることもできます。

コストパフォーマンスの良い日を選んだり割引ができる業者を探してみるのも良いですが、特に家族がいる大人数の急な引っ越しをする場合は準備するのも大変ですが、カードローンはこういうときにとても頼りになります。

■引越し資金には銀行のカードローンがおすすめ

世の中には自動車ローンや住宅ローンなど目的別ローンがありますが、引っ越しローンというものはほとんどないと言って良いでしょう。そのため引っ越し資金を調達する場合は銀行が運営しているカードローンなどの使い道が自由のローンが適しています。いろいろな目的に使えることから多目的ローンと言われることもあります。

銀行のカードローンの特徴は無担保の使用目的自由の融資の中では比較的低金利であることです。よく似たサービスとして消費者金融のキャッシングがありますがこちらは年18%程度の金利になりますので銀行のサービスの方が金利の面では有利となります。
銀行のカードローンの1つのデメリットとしては消費者金融などと比べると若干審査が厳しくなるという事があります。ある程度の勤続年数があり安定した収入があった場合でも審査落ちしてしまうこともあり得ます。

もしかするととカードローンでお金を借りるということにマイナスイメージを持ってる人もいるかもしれませんが、悪徳業者でない限りは安心して利用できます。さらにカードローンならば審査も申し込みをしたその日のうちに終わることも多く決定された限度額の範囲内ならば何度でも繰り返し利用できると言う便利さもあります。

■収入が少ない人におすすめなのは消費者金融

もしパートやアルバイトをしていて収入が少ない人や安定していない人は、消費者金融のサービスもおすすめです。
大手の消費者金融ならば最短30分で審査の結果を知ることができますし、土日でも即日融資ができますので、借り入れまでの手続きがスムーズなのがよいところです。

■引越し予定があるときのキャッシングの審査

注意点として、キャッシングに申し込みをするときは引越しの前に審査を受けた方が合格できる可能性が高くなるということがあります。転居した直後や転職した直後ではそれが理由で審査落ちしてしまう可能性があるためです。
もちろん、実際に引越しが完了したら、キャッシングの会社に登録した情報の変更を忘れずに行っておきましょう。