任意整理後のキャッシングは可能か?

債務整理(任意整理)をした場合、5年間はその情報が残ります。
そのため、5年間はキャッシングができない可能性が高いと考えたほうがよいでしょう。

なぜ債務整理後にキャッシング審査が通らないか?

弁護士や司法書士へ債務整理(任意整理)を依頼した場合、弁護士や司法書士は債権者に今後は代理人となり債務整理を行う旨の通知を必ず発送します。
その後貸金業者は、信用情報機関にその旨報告を行います。
信用情報期間に登録された情報は5年経過しないと消えないのです。
それゆえ、債務整理後5年間はキャッシングの審査が通りにくくなってしまうのです。